読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬこレンバナナ

ゲームと共に生きてきたそして今も尚ゲームと戯れるのが幸せなボクが好きな事をテキトーに書いていく~( ~´・ω・`)~

東方紅舞闘V

f:id:nukolen2:20161112161440j:plain
配信日からあそばせてもらっていたのですが
どっぷり遊んでいたら感想書くの遅くなってしまいました(´・ω・`)

東方紅舞闘V
私がインディー作品や同人作品が好物なのもありますが
とても楽しませてもらいました(*´ω`*)

東方シリーズのキャラクターはほぼ知識はないので
キャラゲーとしての評価できないですが
アクションゲームとして普通に楽しめました。

ただ説明書に乗ってない操作方法がいくつもあり
そういうのを試行錯誤するのもたのしかったですねー

例えばジャンプの頂点で攻撃ボタンやRボタン+攻撃ボタン等

個人的に残念な所としては
ボイスをオフに出来ないところですかねぇ(´・ω・`)

参考程度にスクリーンショット
f:id:nukolen2:20161112162405j:plain
f:id:nukolen2:20161112162558j:plain
f:id:nukolen2:20161112162637j:plain

因みにモードは前作の幻想の輪舞(げんそうのろんど)とほぼ同じで
各キャラクターのストーリーモード(このモード専用のボス的なキャラクターが存在します。)
アーケードモード(淡々と対戦をするサバイバル的なモード)
スコアアタックモード(アーケードモードにスコア(残り体力)の概念を追加したもの)

が、あり
モード事に敵の強さが異なり
ストーリーモード(イージー)
アーケードモード(ノーマル)
スコアアタックモード(ハード)
と言った感じ。

しかし、敵のAIはレベルMAXにしてもおバカさんなので
操作性は独特ですが覚えてしまえば
どの敵もパターン化して倒せてしまいますw

ここからは個人的なイメージなんですが
弾幕バトルと言うジャンルのはずが
バリアや壁系の技を使えるキャラが圧倒的に強い気がしました( ´'ω'` )
パワー吸収が出来る仕様上...

なのにバリア系の技が一つもない咲夜というキャラクターがいるのですがなんと極端に体力が少ない...
どういう事なのw

最後になりますが
私は実績やトロフィーは殆ど気にしないタイプなのですが
このゲームは遊んでるだけでトロフィーコンプリートできそうですねw
あと【はじめて延長戦に突入する】というトロフィーだけ手に入ってませんが
そのうちてにはいるでしょw

では(・ω・)ノシ